FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAIGOライディングスクール

 カモメ~@~テクニック教室

その二

コーナーを安全且つスムーズに抜けるテクニック

上下画像のパイロンとの距離とバンク角を見比べて下さい

237wc.jpg
 パイロン通過時に後輪後ろの白線のところでバイクは起きて加速状態に入れて

何か障害物、人、車、穴ぼこ等があった場合即座に止まれます

 外側に膨らむ事もないのでコーナーを離脱する事もなく、前方視界もクリアに

確保できてとても安全です 下のライン取りよりも約3分の1の内側を通過する

事が出来ます、その分走りにも余裕が生まれます

244wc.jpg
 上の画像から比べるとかなり外側を通過しバイクもかなりバンクしているので

路面が荒れていたり滑る路面では最悪転倒してしまいます

 バンクしているのでアクセルもオープン出来ず、バイクがある程度立つまで加

速出来ません

 ライン取りにも自由度が無く何かあったら止まる事も出来ずに転倒してしまい

ます

コーナーを安全且つスムーズに走るテクニック

1)バイクの整備状況、バイクの性格を把握しておく事

 ハンドルの切れ角でも走り方が変わります、コーナー進入角度、コーナー中の

 バンク角、脱出角度が若干変ってきます

 自分のバイクに合った走り方を習得する事が大事です

  わからない時はカッコイイ西郷に尋ねて下さい

   実際に貴方のバイクに合った走り方を実演してさし上げます

2)ニーグリップ

  バイクをコントロールする上でニーグリップはとても大切です

  ほとんどのスポーツは下半身の強化なくしては上達しません、だからと言って

 スポーツジムに通ったり、特別に毎日鍛える必要はありません(走るのを職業

 としている人は別ですが)スクールに参加する事によってスポーツジムで何千

 円もの金を払っている以上の運動量とバイクに必要な筋肉反射神経が磨かれま

 す

  膝でタンク、フレームをつぶれるくらい締め付けて下さい、そうする事によ

 り上半身の力が抜けて手、腕、肩、首、頭が自由になります、アクセルコント

 ロールも微妙な動きまで対応出来るようになります

  膝でホールドし足がぶれないのでクルブシを基点に足先でのブレーキのコン

 トロールがスムーズに出来るようになりABSを超える微妙なコントロールを

 自の物に出来ます

  (ニーグリップが甘いと足全体でブレーキを踏み込むので強弱のバランスが

 わからず乱雑なブレーキ操作になってしまいます)

3)フォーム

  下半身でバイクをホールドしているので上半身は踊っていても大丈夫です(うっそ~

  まず

  両グリップは軽く完熟のバナナがつぶれないぐらいの力でやわらかく持ちまし

 ょう、この位置でハンドルをフルロックまで右側にきり、上半身を右側へ倒し込

 み、スロットル側の手をドアのノブを回す時の形にすると肩が後ろへ行き脇に握

 りこぶし一個分の隙間を作ります、左手は肩からまっすぐなライン上に伸ばして

 左グリップにそっと添える程度にして握り締めまない様にします

  ここで確認、この姿勢で背筋がピンと立ち反った姿勢になるようだとカッコ良

 くありません、この場合は座る位置を後ろへ移動して下さい(おおむねタンクか

 ら拳一個分離れる)そうすると少し背中が若干曲がります

  最終的にこの状態でハンドルと両肩が平行になるのが理想的なフォームになり

 ます、左側へのハンドルロックも同じです、左グリップをドアノブを握るように

 スロットルグリップ側は肩から先の腕を伸ばした延長線上に指先がまっすぐにな

 る様にしましょう

4)目線

  目線はどのテクニックでも一番大事です

  曲がる方向に順次目線を移します、曲がる直前からです(それ以前に全体のレ

  イアウト、一般道で言えば川沿いにワインディングしている、山沿いで登り下

  り勾配があるなど全体像を把握している事が大事です)曲がるだいぶ前から顔
 
  、目線を曲がる方へ向けている人がいますが、なんの意味も持ちません、順次

  目線を向けて情報を確認しスピード、フォーム、ハンドル蛇角、ブレーキの強

  弱、スロットルワークをコントロールしていきます

   目線は路面と平行に次に進むライン上を注視します、あごは少し引き気味で

  あごをせり出さない様にしましょう

5)コーナリングの極意

  1)で述べたバイクの特性によりますが、基本的にはアクセル、ON,OFF

 リアブレーキの操作でバイクは自由に動くようになります、タイヤ、サスペンシ

 ョンに頼らず、バイクを自分がコントロールするんだと言う気持ちが大切です

 ☆バイクの特性を利用する

  コーナリング中スロットルを開けるとバイクは起きます、スロットルを閉じる

 とバイクは切れ込み又は傾きます(乗車姿勢、スピードにより立つ場合もあり)

 エンジンブレーキがかかるとバイクは前後同量のトラクション(地面にバイクが

 押し付けられる力)かかりタイヤが滑りにくくなります、この特性を旨く使いス

 ピードを落としながらハンドル蛇角を調整します

  最後にリアブレーキをチョンとかけてやると車体がさらに起き様とします、こ

 の起き様とし始めたところで上半身をさらに内側へ持っていくとセルフステアー

 でハンドルがフルロック状態まで動き出します、ロックしたまま次に進入するラ

 イン上にバイクが向いたらスロットルオープンです(この時、バイクはほぼ直立

 に近い状態がベストです)

  ☆この最後のリアブレーキのチョン操作がとても大事で、上記で述べたニーグリ

 ップがしっかり締められてないと微妙な操作が出来ません、きっちりニーグリップ

 しましょう

 ★車体セッティングを変えている場合動きが違う場合があります★

 【楽しく永くカッコ良く走ろう】
 楽しいバイクライフをおくれます

 カッコイイ西郷より

【SAIGOサーキットライディングスクール】
カッコイイ西郷が教える安全で楽しいカッコイイ走り
貴方も怪我をしない楽しいバイクライフを送る為に、
まずは参加してみましょう

【楽しく永くカッコ良く走ろう】
バイクライフの楽しさと安全な走り方の基本を伝授します

【カッコイイ西郷のホームページ】
楽しいイベント、バイクの情報がいっぱい一度覗いて見て下さい

【カッコイイ西郷厳選の中古車情報】
バイク乗りのカモメ~@~が厳選&整備したバッチリのバイクばかり
安心して走れます≪なんちゅっても一緒にツーリングしたりするので
×バツなバイクは売れません≫  

 
 
スポンサーサイト

テーマ : イベント
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カッコイイ西郷

Author:カッコイイ西郷
FaceBookやってます

FaceBook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。