スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実行日 アドベンチャーレスキューツアー

  アドベンチャーレスキューツアー

さいたま市、春日部市からも世にも楽しいイベントにかけ付けてくれました

バイク組み、相乗り組み、自転車組みで現地に向かいます

DSC03576.jpg
下ろしました下ろしました超過激な傾斜、約30m

上の方で滑車を使い4人でロープを引いて少しづつ下ろして行きます

この方法でシェルパとKLX125の2台を下ろしました

みんな凄いパワーです

 朝7時、定刻どうり店を出発して澄み渡った青空の下ワイワイガヤガヤ

リムジンで山の麓まで山の入り口には車を停めるスペースは1台分しか無

いので釣り場の駐車場に停めて相乗り

相乗りで和気藹々 1速でしか登れない山道を上がっていきます

 人家のある最後の行き止まりにリムジンを停めそこから階段を登り

愛車2週間寂しく待っている標高720m地点を目指し道具を背負って

登りはじめます

高低差、約350mを道なき道を下ろすイベント

DSC03533.jpg DSC03534.jpg
入り口付近からこんな状態です      バイクが通れるように枝を切り落とします

DSC03535.jpg DSC03536.jpg
枝が生なので切り難いんです       最初から登りもかなりの傾斜です

 この先で猟師に出会い、申し訳なく静かに登ります、なんと鹿がうろちょろしてるん

です、イノシシ、熊も出ると言うことなので気が抜けません 

DSC03537.jpg DSC03538.jpg
希望の泉まではまだ遠い   あまりにも足場が悪いのでチョット整備してます

2週間前に下りて来た時は希望の泉から里まであっという間だったのに

もうこのあたりでデイバッグにバッテリー、工具、滑車、飲み物を背負い

バイクに乗る格好で登ってるカモメ~@~は酸欠気味、でも頑張ります

DSC03539.jpg DSC03540.jpg
やっと希望の泉に到着        途中の倒木を切り通路を確保

カモメ~@~が施行した水源はちゃんとまだ機能していました

素晴らしいあっ一番絞りは出ません

DSC03541.jpg DSC03542.jpg
やったぜ第二関門クリア          ほとんどがこのサイズより大きいんです

K,K氏H,Y氏を先頭に道が開けていきます

この立ち位置わかるでしょうか、かなりの傾斜です 

DSC03543.jpg DSC03544.jpg
今回、大々活躍のT.S氏        T.S氏作品ヘアピンカーブ 良い仕事しています

 通常では曲がれないつづら折れのターン部分を広げてくれてシェルパでハンドルロッ

クした状態でバッチリターン出来ました カッコイイT.S氏

ターンと言っても傾斜がきついのでハンドル切った状態でまっさかさまになるような

感じのところです

DSC03545.jpg DSC03546.jpg
タイヤ1本分しっかり踏みつけていきます  ここもかなりな傾斜です  

DSC03547.jpg DSC03548.jpg
今回、道具を提供して頂いたS.T氏大変助かりました 置き去りにした2台と御対面

ここに到達するのに険しい道なき道を登って1時間かかりました

DSC03549.jpg DSC03552.jpg
登りきって一息ついたのでまだ元気です    第一の左鋭角コーナーが見えます

ここをまわれば多少傾斜になれるだろうとチャレンジ

DSC03553.jpg DSC03555.jpg
125組は慎重に少しづつ少しづつ、タイヤ1本のラインを外すと滑落してしまいます

DSC03556.jpg DSC03557.jpg
まだまだ最初の斜面なので余裕です        慎重に慎重に気を抜けません

DSC03558.jpg DSC03559.jpg
ゆっくりゆっくり                フロントを滑らさないように

10mほど下りただけですが、緊張しっぱなしで一息ついてほっとして笑顔

まだ先は高低差340mまで降りなければなりません

DSC03560.jpg DSC03560.jpg
第二ヘアピンに到着 ここからのターンが大変 フロントをロックしてさぁどうしよう

DSC03561.jpg DSC03562.jpg
谷川に落ちないように慎重に動かします    お尻を振って確実に方向転換

DSC03563.jpg DSC03564.jpg
傾斜がきついのでバイクを支えるのも大変  なんとか数人がかりでケツをフリフリ

DSC03565.jpg DSC03566.jpg
4人がかりでターン成功            やったねヤッタネやったね

まだ第二ヘアピン通過なのに何故か小さな達成感
まだまだ序の口なのだがとてもうれしい

全行程の10分の1なのだ これからまだ330m以上下りなければならないのです

DSC03567.jpg DSC03570.jpg
前方の二人が斜面に足場を作って下  シェルパテールグリップにロープをかけて滑車に

へ直線的に下ろす準備をしています    かける準備です

DSC03571.jpg DSC03572.jpg
さぁ いよいよ直滑降          次はKLX125の番です

10mのロープ3本繋いでギリギリで下の通路に到達、下りて通路の方向へ

バイクを向けるのも至難の技です

DSC03574_20101212161433.jpg DSC03575_20101212161433.jpg
KLX125もみんなで協力して逆さ状態に近い斜面を掛け声を掛けながら

少しづつ下ろして行きます

DSC03576_20101212161432.jpg DSC03577_20101212161432.jpg
真剣勝負 この集中力きっと人生のどこかで役に立つ事でしょう

引き手も必死です 放したらが最後、バイクと人がそのまま滑落してしまいます

DSC03578_20101212161431.jpg DSC03579.jpg
ほとんど乗ったままきわどいラインをトレースしながら走り続けるカモメ~@~

タイヤ半分しかかからないところも抜重しながら抜けていきます

DSC03580.jpg DSC03581.jpg
引っ張り役がまた重労働、テンションを山側へかけながら微妙な

引き合いで下りて行きます

DSC03582.jpg DSC03583.jpg
足場の悪い所を踏ん張って踏ん張って頑張ります  この先が難所、先発隊が崖崩れの箇所を

岩を取り除き斜面を削って整地して少しづつ足場が出来ていきます パイオニアだぁ

DSC03584.jpg DSC03585.jpg
獣道ががけ崩れで無い、、ここをフロントとリアが通れるだけの整地をします

下りて右にターンして登る、3回足を付きましたがなんとかクリア

DSC03586.jpg 
保険の為にロープを引いてもらってたんですが、なんとこの後、谷川へ転倒

なんとか足を挟む程度ですんで怪我も無し、この後はロープ無しで単独走行

DSC03588.jpg
KLX125組は安全を重視 サポート隊を付けて安全に走行

『こんなところ何処が安全なんじゃ』と吹き出しが出そうな道です

DSC03589.jpg DSC03590.jpg
この画像を見ると道を作った感がありますね  倒木もみんなの頑張りでドンドン抜けられるようになりました

それにしてもこの危険な状況下でみんなのこの笑顔、なんとも頼もしい

DSC03591.jpg DSC03592.jpg
ギリギリの足場で作業を見守ります    2本交差して倒れているので大変です

先発隊の仕事ぶりには感銘を受けます、ふたりは大木を支えひとりはのこぎりで力いっぱい

切り、あっという間に2本を除去、もうひとりのT,S氏は先の道を開拓

DSC03593.jpg DSC03594.jpg
がむしゃらにのこぎりでひき続ける勇士  寡黙に道を切り開くT,S氏

DSC03595.jpg DSC03596.jpg
この姿を見たら≪惚れてマウやろう≫ 超人的な動きで開拓していく先発隊

DSC03597.jpg DSC03599.jpg
この図はなんと鹿狩りの猟師さんが近くで発砲して 一瞬止まっているところです

DSC03600.jpg DSC03601.jpg
紅一点 Y子さんは早起きしておにぎりも人数分握って力仕事もバリバリやってくれました ここも難所だったなぁ

DSC03602.jpg DSC03603.jpg
見て下さい ここを通るんですよ 楽しそうでしょう

Y子さんも荷物を背負いながらも一生懸命道作りに奮闘してくれました

ここも落差があり右にターンして登りになるのでフロントタイヤを山側斜面ギリギリ

に通してリアタイヤが谷川斜面ギリギリで通らないとリアから落ちていく難しいセク

ションでした

DSC03604.jpg DSC03605.jpg
タイヤ一本分の斜面を次の道が出来るまで待機  歩いて通るだけでも危険な斜面です

Y子さんの働きにはビックリしました、カモメ~@~も脱帽ものでした

DSC03606.jpg DSC03607.jpg
KLX125組も楽しそうに見守っています さぁチャレンジ開始、落差のある斜面を下ります

DSC03608.jpg DSC03610.jpg
おっと、内輪差があるので後輪をずらさないと後ろが落ちてしまう KLX125組も無事通過

DSC03611.jpg DSC03612.jpg
力持ちのAさんはKLX125を後ろからサポート 次の道が出来るまで待機

DSC03613.jpg DSC03614.jpg
超働き者のT,S氏 仕上げまでバッチリ    タイヤ半分しかかからない所もなんとかクリア

☆フロントを通したら後輪が通る時に後輪荷重を抜いて体重を前方へかける事でリアの荷重が抜けて

前方へ転がる感じでタイヤ半分しかかからないセクションは抜けて行きます

この画像を撮ってるさいたま市から参加のY,Yさんは急斜面の谷川からカメラを向けています

とても危険な崖っ淵から臨場感あふれる絵を撮ってくれてます

画像が鮮明でないのは危険な足元のせいですのでご勘弁ください

DSC03615.jpg DSC03616.jpg
この難所難所の獣道でも超楽しそうな笑顔 もう少しで里に着きます、最後の斜面

DSC03617.jpg DSC03619.jpg
S,S氏はサポートしながら動画も撮ってくれました      最後のセクションは足付き無し
クリアです

☆急傾斜で大きい石が枯葉に隠れているので石を見極めつつラインを選び

フロント、リアをロックさせないように静かに下ります

(※注※ロックさせると重力でズルズル滑りラインをトレースできません)

DSC03620.jpg DSC03621.jpg
この先は急傾斜の階段を下りてフィニッシュ     今回、つるはし、斧、スコップ等強力頂いたT氏

DSC03622.jpg DSC03623.jpg
靴の中は泥だらけ、体中汗びっしょり      この達成感、なんとも言えませんなぁ

DSC03624.jpg DSC03625.jpg
先発隊で指揮してくれたK,K氏、カッコイイ

DSC03626.jpg DSC03627.jpg
KLX125組も無事に下りて来ました  最後の難所 急階段をロープでサポート

DSC03628.jpg DSC03629.jpg
みんなの見守る中     KLX125組も無事にフィニッシュ メデタシめでたし

DSC03630.jpg 
民家のおじさんは何事かと怪訝そうな雰囲気

訳を話したら納得、車もどけてくれて無事にアドベンチャー

レスキュー成功しました

店7:00出発→8:30前に入山→9;30レスキューバイク放置地点着→12:00入山口着

参加された皆さん、楽しんで頂けたでしょうか

この難問、難関を切り抜けた事は絶対にどこかで生きて来ると思います

何事もプラス思考で考えれば楽しい経験となります

逆にマイナス思考だと『なんでこんな事しなきゃいけないの』と思えば

ほかにあたってしまい嫌な思い出になってしまいます

今回、参加された方は皆さんプラス思考の持ち主で良い体験として一生

の思い出になると思います

まっ こんな事するのもバイク業界ではカモメ~@~ぐらいなもんだと

お付き合い頂いてる方はあきらめて末永くお付き合い宜しくお願いします

楽しい思い出をありがとう

原因はこの日の下見ツーリングが原因だったのです

【おバカなカモメ~@~】


カッコイイ西郷より
 
路上教習ってどんなことしてるの???
と興味のある方は下記をクリックいろんな事やってます
【 うれしい日 路上教習 】シリーズ

 【楽しく永くカッコ良く走ろう】
 楽しいバイクライフをおくれます

【SAIGOサーキットライディングスクール】
カッコイイ西郷が教える安全で楽しいカッコイイ走り
貴方も怪我をしない楽しいバイクライフを送る為に、
まずは参加してみましょう

【楽しく永くカッコ良く走ろう】
バイクライフの楽しさと安全な走り方の基本を伝授します

【カッコイイ西郷のホームページ】
楽しいイベント、バイクの情報がいっぱい一度覗いて見て下さい

【カッコイイ西郷厳選の中古車情報】
バイク乗りのカモメ~@~が厳選&整備したバッチリのバイクばかり
安心して走れます≪なんちゅっても一緒にツーリングしたりするので
×バツなバイクは売れません≫
スポンサーサイト

テーマ : 【楽しく永くカッコ良く走ろう】
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今年一番だな♪

いや~,楽しかった~♪♪『今年一番!』だな(^O^)V。

山を登る事1時間,やっとバイクにたどり着き小休止,余計な荷物は置いて来てしまい”チョコレート1箱”を全員で分けあった「最高に美味しかった!」。

それから2時間30分,何回か休憩の号令があったのに誰も休まずモクモクと,木を切り,石をどけ,道を作り・・いや~,感動しました。

またやろうね”アドベンチャーレスキュー”f^_^;。。

今回ご参加の皆さん『大変お疲れ様でしたm(__)m』。

No title

3150さん
楽しそうな山道ツーリングっスねぇ~このあと豚汁とか闇鍋とか
たらふく飲み食いしてまた走り出して~って
いいなぁ~オラも仲間に入れてくだされ。
プロフィール

カッコイイ西郷

Author:カッコイイ西郷
FaceBookやってます

FaceBook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。