スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆☆雨の高速道路の正しい走り方☆☆

☆☆雨の高速道路☆☆

DSCN8704m.jpg
帰りの中央高速道路で2件事故発生

どちらも雨の高速走行で下り坂のカーブでスピンしていました

ほとんどのスピンはドライバーの運転未熟から起こっています
...スピンする原因
1)スピードの出し過ぎ
2)急ハンドル、急ブレーキ
3)走行ラインの誤り
4)目線
5)整備不良(タイヤの摩耗)
6)車体バランス
以上が原因に揚げられます

スピンを防ぐにはカッコイイ西郷的対処法
1)は左車線に入りスピードを落とせば防げます
 但し、右車線(第二車線)でスピードを落としてはいけません
 高速走行の車両が追突又は避ける為に事故を誘発してしまいます

2)4)スピンを起こすドライバーはタイヤが滑った瞬間にアクセルから足を放し
 ハンドルに力が入り、ブレーキを踏んでしまいます
 滑ってもアクセルは一定に保ち(微妙な調整もします) 4)目線
 も含め、曲がりたい方向へ目線を移すと自然と逆ハンになり、スピードにもよりますが
 曲がるアールに沿って滑り始めます、そうなったらアクセル操作とハンドル操作で
 車体が安定するまで微妙な操作を続けます
 ☆ドリフトの競技を思い出して下さい、滑りながらコーナーを曲がっていきますよね☆

3)なるべく水が無い所を走りましょう
 わだちの部分、路面の凹んだ部分、カント(傾斜)の下側など
 目視で確認できます
 同じ車線内で水溜まりの無い所を走れば、ハイドロプレーニング
 もある程度防げます
(スピードが高いと良いライヤを履いていても無駄です)

5)自分の車のタイヤの状況を把握しておきましょう
 ※タイヤの減り
   タイヤの減り具合を注意して見ておきましょう(始業点検項目)
   新しく履いてすぐの濡れた路面は滑ります
 ※タイヤの履いている期間
   溝が充分残っていても履いている期間が長かったり、
   車を置いてある場所によってもタイヤが硬くなり本来の
   グリップ力が低下しています
(タイヤと相談しながら走りましょう) 
 ※タイヤの種類
   履いているタイヤの特性を把握しておきましょう

6)4輪に均等な重量がかかっているのが理想的です
スポンサーサイト

テーマ : 【楽しく永くカッコ良く走ろう】
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

カッコイイ西郷

Author:カッコイイ西郷
FaceBookやってます

FaceBook

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。